前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

親子登山をはじめる人におすすめしたいワークマン登山ギア8選&高コスパ登山ギア


「親子で低山登山はじめたんだけどおすすめの商品ない?」とよく聞かれますのでワークマンでオススメの登山ギアをまとめてみました。大人編と子供編で紹介しているのでご参考になれば幸いです。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

「こどもとねっと」公式Youtube『ソロ活ダイシャンのアウトドアチャンネル』

お気軽にチャンネル登録していただけたらとても嬉しいです。

https://www.youtube.com/c/CodomotoNet

 

Table of Contents

ペグもナイフもサングラスもセットできる!キャンプ専用Tシャツできました

 

ワークマンの登山ギア10選&高コスパの登山ギアを紹介します

「親子で低山登山はじめたんだけどおすすめの商品ない?」とよく聞かれます。というわけでワークマンでオススメの登山ギアをまとめてみました。

とはいえ中にはワークマンバレしたくないと言う方もいるので後半にはワークマン以外の商品も紹介します。

大人編と子供編で紹介しているのでご参考になれば幸いです。

 


[大人編]

(1)ワークマンエアロストレッチクライミングパンツ(春夏モデル)

ワークマンの基本装備といっても過言ではないパンツでお値段¥1900円(税込)。
写真のモデルは2022年モデルのサコッシュ付きモデルですが最近のはサコッシュがついていません。

春夏モデルがなぜ「買い」かというと同じくワークマンのメリノタイツと組み合わせると
着用シーンが広がるからです。

このエアロストレッチクライミングパンツのもう1つの強みはワークマンバレしにくい点も高評価です。

 

↓現行モデルとは違いますが旧バージョンのレビュー記事はコチラ↓

【サコッシュ付きのクライミングパンツは超便利!】ワークマンエアロストレッチクライミングパンツ(2022年春モデル)

【サコッシュ付きのクライミングパンツは超便利!】ワークマンエアロストレッチクライミングパンツ(2022年春モデル)

「子供と遊ぶ」情報ポータルサイト『こどもとねっと福岡』では、ファミキャン(ファミリーキャンプ)、親子登山(ファミリー登山)アウトドア、公園レビュー、子供とのお出かけスポットやお出かけない情報・無料のイベント情報などを紹介しています

 

 

(2)ワークマン冷感リフレクティブフランク長袖Tシャツ

UVカット、吸汗速乾、接触冷感と三拍子そろったTシャツ。長袖モデルで¥780円半袖モデルで¥580円とポリエステルTシャツで破格の値段です。

 あったかい時期は低山ならこれ単品かシャツ羽織ればほぼOK。インナー利用ならワークマンバレ気にしなくてもいいですね。

 

ワークマンバレしたくない人にはポリエステル100%のスポーツブランドのTシャツでもOK

速乾性の高いポリエステル100%のスポーツブランドのTシャツでもOKです。

 

(3)ワークマン メリノウール長袖丸首シャツ

寒がりな方でウールがあまりチクチクしないという方はワークマンメリノウール長袖丸首シャツ(メリノ100%) ¥1900円(税込)でもOKです。

暑がりの方は(2)の冷感リフレクティブ、寒がりの方はこの(3)メリノウールと使い分けるといいでしょう。

ただこれもワークマンは秋冬じゃないと販売しないので注意です。

(4)ワークマン ブロックフリーストレッキングクルー

保温着としては保温と汗かき時の速乾や通気という機能を持つブロックフリースがおすすめです。

高コスパ商品でなんと¥980円(税込)。ブロック上の間の溝がインナー内の汗の湿気を逃す構造で
親指を出せるサムホールつきです。

ただこれもワークマンは秋冬じゃないと販売しないので注意です。

ワークマンバレしたくない!有名なブランドがいいと言う方は「Patagonia R1エアクルー」

ワークマンバレしたくないという方は定番Patagonia R1 エアクルーがオススメです。

ダイシャン
ダイシャン
ポケットのつき方も
ワークマンの方はかなりR1を
意識してますねー。

ワークマンでシーズンじゃないからブロックフリース売ってないじゃんって方は。。。

TS DESIGN TSDRYWARMロングスリーブシャツ

なんと現場服の藤和のブランドTS DESIGNのブロックフリース「TSDRYWARMロングスリーブシャツ」もおすすめです。

本来コンプレッションシャツと言ってピッタリ着るやつですがこれを大きめにダイシャンは着用しています。

 

↓TSDRYWARMロングスリーブシャツの紹介記事はコチラ↓

【メリノインナーが合わなかった全ての人々へ】TSDRYWARMロングスリーブが登山インナーに最高だった件

【メリノインナーが合わなかった全ての人々へ】TSDRYWARMロングスリーブが登山インナーに最高だった件

「子供と遊ぶ」情報ポータルサイト『こどもとねっと福岡』では、ファミキャン(ファミリーキャンプ)、親子登山(ファミリー登山)アウトドア、公園レビュー、子供とのお出かけスポットやお出かけない情報・無料のイベント情報などを紹介しています

 

ちなみ作業服のタキヤマや無法松などの全国の作業服店で試着出来るお店もあるかもしれないので試着して購入をオススメします。

ただし

え!もっと気軽なものってないの?
実は低山程度なら
トレーナー(スウェットシャツ)や
シャツでも十分です。
ダイシャン
ダイシャン

もちろんチャンピオンのスウェットでもOK

まぁ暑くなったら脱げばいいのでね。意外と登ると汗かいたりするので

春夏は起毛無し、秋冬は起毛有りで使い分けるといいですね。

 

(5)ワークマン  イナレムエアーレインジャケット

これは少し寒い時期に登山する方や、緊急時の雨対策に必要なのがレインジャケット。ウインドブレーカーと悩みますがどうせなら防水の方が汎用性が高いです。

その中でオススメなのが

ワークマンのレインジャケット「イナレム」のシリーズの新商品「イナレムエアーレインジャケット」透湿性の違う2つの生地の組み合わせで
Lサイズ250g以下の軽量性を実現。パッカブルもできるので寒い時の防寒や急な雨の時のお守り的な感じで持っていくといいでしょう。

これで¥2900円(税込)ですよ

パンツは比較的撥水性があるものならいいですが不安な方はイナレムのレインパンツも合わせて購入するといいと思います。

もっと予算をおさえたい方はSALEのディアカットレインジャケットもオススメ

2023年3月現在でSALEで¥1900円(税込)になってるディアカットレインジャケットもオススメです。なんと耐水圧5000mmでも大雨以外は防げるので。

目安をいえば

耐水圧10000mmで大雨対応

耐水圧5000mmで中雨以下対応

思ってもらうといいですね。

 

ワークマンバレしたくない方は「Marmotゼロストームジャケット( 旧名:ストームジャケット)」

いろんな人にオススメしてますが、ストームジャケットは耐水圧20000mm  透湿性20000g/m2・24hでさらに重量200g以下とコンパクト。

それで¥10000円前後と良コスパです。

後継のゼロストームジャケットも同等の性能かと思われます。

しまい寸法がワークマンの半分くらいになるのもいいですね。

 


[子供編]

ワークマンの子供服がいよいよ全国展開。

すでに売れ筋の「バッグインジュニアレインジャケット」や「グリーンテックジュニアデニムオーバーオール」はワークマンPlusのお店でもみかけるようになりました。

お店で見かけたら試着して買い物できるチャンスなので是非ためしてほしいですね。

 

(6)ワークマンエアロストレッチジュニアクライミングパンツ

今回の本格的な子供服展開によって120cm,130cmのサイズを拡充!

これで120cm,130cm,140cm,150cmと4サイズ展開となり選びやすくなりました。

ただしカラーによってはサイズ展開が違うので注意が必要です。

まあそれを差し引いても¥980円(税込)なのでかなり買いやすいですね。さらにもっと言うとワークマンバレしにくい(笑)

こちらは店舗で試着できるようになると嬉しいですね。

ダイシャン
ダイシャン
はやく店舗で展開してくれ!

店舗にも展開されてました

ワークマンパトロールして発見したのですが近所のワークマンPlusで「エアロストレッチジュニアクライミングパンツ」が販売されてました。

色には限りがありましたが120〜150cmの4サイズ展開されてました。試着できるのでこれは嬉しい!

 

(7) ワークマンゼロドライネオ遮熱ジュニア半袖Tシャツ

遮熱・吸汗・速乾・UVカットと使い勝手がいいTシャツ。惜しいのは120cm,130cmのサイズラインナップがないこと。

それでもサイズが合う方は¥680円で買えるので試してみたいですね。

これも店舗で試着できると嬉しいですが詳細は不明です。

 

小さいサイズはスポーツショップで売ってるドライTもあり

 

(8)バッグインジュニアレインジャケット

こちらも大人編と同じ理由でオススメしているレインジャケットでは「バッグインジュニアレインジャケット」がオススメです。

「え?ランドセル背負わないならバッグインじゃなくても。。。」と思われるかもしれませんが

ダイシャン
ダイシャン
ランドセルじゃなくても
ザックがあるじゃないですか!

と声を大にして言いたい。雨のときのザックのレインカバーも兼ねれるので結果荷物の軽量化にもつながります。

さらに120cm,130cm,140cm,150cmと豊富なサイズ展開。店舗でも試着できるようになったのもありがたいですね。

お値段も¥2900円(税込)とお手頃です。

 

これはザックカバーを兼ねているという利便性含めてもオススメしたいです。

 

ワークマンの登山靴は。。。

ワークマンの登山靴はというとソールパターンが大柄ですべるのと、
耐摩耗性が乏しくあまりすすめていません。

やっぱりザックと登山靴は登山メーカーのものがオススメです。

 


[オススメの登山靴]

最近はいいシューズも増えてきました。結構ALTRAやvivobarefootを進めている人が多いのですが
自分はコスパもいいASICSをおすすめします。

最近ではコムデギャルソン、ヴィヴィアンウエストウッド、A.P.C.、隈研吾と様々なブランドとコラボしてて
オススメです。シューズとしてのクオリティも高い!

[大人編]ASICS GEL-VENTURE9

アシックスのトレランシューズGEL VENTUREがなかなかの高コスパでオススメ。ソールパターンも深めで山道をがっちり掴みます。

ダイシャンもこの旧モデルのGEL-VENTURE8を愛用しています。

 

[大人編]ASICS GEL-VENTURE9 waterproof

上記の防水モデルです。

 

[子供編]ミドルカットではモンベルの「ラップランドリールアジャスト」

小さい子なら足首を守るミドルカットのモンベル「ラップランドリールアジャスト」がオススメです。

ダイヤルを回して締めるので着脱が早いです。お値段は¥13640円(税込)です。

ダイシャン
ダイシャン
ついでにズボンの裾の方も汚れにくいしね。

[子供編]ローカットではモンベルの「ラップランドストライダー」

大きな子供さんはローカットでもいいと思います。モンベルの「ラップランドストライダー」は軽量、防水透湿、グリップ力、耐摩耗性が高いソールと

長く履けるシューズです。お値段は¥11000円(税込)です。

 

[買うべき登山ギアは?]

いろんな人に聞かれてオススメしてるのは「ガスバーナー」と「クッカー」です。

ガスバーナーは燃料を入手しやすいCB缶のタイプ。出先の100均やスーパーでも調達可能です。

クッカーはアルミ製で、ソロなら600ml以下でOK。ファミリーなら1l わかせるサイズがいいでしょう。

というわけでオススメするのは

イワタニジュニアコンパクトバーナー

自分がこれをすすめてるのはホムセンで買えて且つハードケースに入ってる分壊れにくい点です。

バーナーはカッコいいのがいいという方はSOTO ST-340

お値段がイワタニに比べて倍なのでご予算に合わせてご検討ください。

Fire-Maple BULin エナジーセービングポット S2400

クッカーは最近だったらヒートエクスチェンジャー付きがオススメ。

まずお湯が沸くスピードが違います。ホムセンにも同様のものが売ってるのでそれでもOKです。

これは1.5Lのモデルで大振りですが親子登山にはちょうどいいと思います。

カップラーメン1つにつき300〜400mlお湯が必要なので約4人分お湯がわかせます。

 

キャンプやってる人にもオススメしたい

キャンプしてる人は割とガスバーナーやレインジャケットなどは持ってると思いますので
初期投資が少なく始められるのも親子登山のいいところですね。

こんな感じで素敵なアウトドアライフを楽しんでいただけると幸いです。

こちらの記事参考になりましたらYoutubeのチャンネル登録、各種SNSのフォローお願いします。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

「こどもとねっと」公式Youtube『ソロ活ダイシャンのアウトドアチャンネル』

お気軽にチャンネル登録していただけたらとても嬉しいです。

https://www.youtube.com/c/CodomotoNet

 

( TOTAL299PV, 今日の1PV)
Loading いいね! 記事の参考にさせて頂きますので「行きたいね!」をクリックお願いします!!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©2014 codomoto.net, created Archiveproducts Inc.

次へ

関連する記事

Written by

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)