前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

【メリノインナーが合わなかった全ての人々へ】TSDRYWARMロングスリーブが登山インナーに最高だった件

昔から重度のウールアレルギーでメリノインナーも全く着れなかった私ですがTS DESIGNのTS DRY WARMロングスリーブがすこぶる快適だったので登山ギアレビューします。保温性・汗抜けも素晴らしく、まさかの現場服メーカーに救世主ウェアが存在するなんて驚きです。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

ファミリーキャンプ情報や親子登山、子どもとお出かけスポットを発信しています。

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

登山時の快適なインナーと言えば「メリノインナー」

最近は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、緊急事態宣言やまん延防止措置など県をまたぐ移動の制限がありますね。

事前のキャンプ場予約もなかなか目途がたたないので、それならと「予約不要の登山をしよう」と県内の低山を親子登山する機会が増えました。

秋冬の登山となると防寒と汗を書いたときの通気性(「汗抜け」とも言います)が優れたインナーがあると快適に登山できます。

 

そこでまずいろんな登山ハウツーサイトで出てくるのが「メリノインナー」です。

もうしつこいぐらいの「メリノ押し」が多いです。というわけでライターもメリノインナーをpatagoniaやら好日山荘やらワークマンやらで試着しました。

 

長年にわたる重度のウールアレルギーでメリノインナーが着れない

まぁ案の定かゆすぎて落ち着かない。実家の母が手編みのセーターなど編んでくれることもありましたが

やはりかゆすぎて落ち着かない。

もう何年も着てないのでいけるかな?と思って「上質なウールはかゆくならない」と豪語してるサイト見て信じて着てみるんですが

やはりかゆすぎて落ち着かない。

ひどい時は、かゆすぎて書いてしまうので赤くなることもあります。

 

次なる選択肢として「ブロックフリース」はどうか?

次なる選択肢として上がるのがpatagoniaのR1などのブロックフリースキャプリーンなど。

pataginia R1 Air Crew

patagoniaのR1カッコええわー。ただ値段が¥18000前後。パタゴニアの公式でたまにセールになってるのを見かけますね。

patagoniaのR1はちょっと予算オーバー。

ワークマン ブロックフリーストレッキングクルーネック

ワークマンのブロックフリースは¥980。安っ!ということで試してみましたが保温性はいいが汗っかきの自分には通気性が悪く汗抜けが非常に悪かった

というわけで、誰もレビューを書かない「TS DESIGN」のTS DRY WARMロングスリーブを試しに買ってみることにしました。

TS DESIGN(藤和)のTS DRY WARMロングスリーブの仕様

公式サイトのPDFの「身体の芯を冷やさない」のキャッチコピーを信じて購入することにしました。

え?TS DESIGN知らない?一般の方はあまり知らないメーカーだと思います。

それもそのはず、「無法松」「タキヤマ(博多鳶)」などの現場服のお店にしか売ってないからね!

ジャンルとしてはブロックフリース&コンプレッションウェア的な位置づけになる言わば、現場服のインナーです。

素材  [秋冬用]DRYブロックフリース(混率:ポリプロピレン50%・ポリエステル42%・ポリウレタン8%)
機能性 ストレッチ、疎水、保温性、TS DRYの冬バージョン、TS独自開発のDRYブロックフリースにより肌をドライに保つ、裏側はかさ高ブロック構造により肌面に空気層が生まれ熱を留めてカラダを保温、Vガゼット、オリジナルネーム
サイズ
  • S(身長/155~165、ウエスト/80~88)
  • M(身長/165~175、ウエスト/88~96)
  • L(身長/175~185、ウエスト/96~104)
  • LL(身長/175~185、ウエスト/104~112)
  • 3L(身長/175~185、ウエスト/112~120)
カラー チャコールグレー、ブラック
仕様 TS DRYの冬バージョン。TS独自開発のDRYブロックフリースにより肌をドライに保つ。裏側はかさ高ブロック構造により肌面に空気層が生まれ熱を留めてカラダを保温。保温性とドライ感を両立するブロック構造。熱を留めて保温。汗は素早く透過、肌面はドライな状態。

TS DESIGNこと株式会社藤和のスペックを見るとこんな感じ。TS独自開発のDRYブロックフリースというのが良さげな感じ。どこにもレビューがないがチャコールグレーのカラーならどことなく見た目がメリノインナーっぽい。そして且つ、デザインもヴィンテージスウェットとかによくある「Vガゼット」に惹かれて試してみることにしました。

お値段も2500円前後で手に入るので結構手ごろだと思います。

表生地の質感

表生地の質感が杢がかかった感じで非常にいいです。グレーだと遠めだと「メリノインナーや!」と勘違いしそうな質感。

あと生地の伸縮性もいいです。

この辺は現場服でつちかった機能性が見事に組み込まれてますね。

裏地のブロックフリースの度合い

 

裏地はというと。。。。毛玉多くてすいません。かなり気に入って着ているもので。

patagonia、ワークマンがフリースの間の溝が1mm程度だったのに対し、「TS DRY WARM」というこの記事は3mmぐらいの溝が通ってます。

きっとこれが汗抜けの良さの根拠なんだと思いますが、このおかげで非常に快適に動けます。

まぁそもそも現場の人めっちゃ汗かくからね!

納得の機能性です。

とは言え感じ方は人それぞれですね。自分には非常にいい登山インナーでした。

こんな方にTS DRY WARMロングスリーブがおすすめ!

  • メリノインナーが着れないウールアレルギーの方(もしくはラノリンアレルギー※)
  • 汗っかき
  • 暑がり
  • メタボな方(マッスル体系な方でフィットする形を求めてる方には裾が絞れてないので向かないかも)

※ — 羊毛の油がラノリンとのことでこれでかぶれるのがラノリンアレルギーとのこと。

参考サイト

ウールの服がチクチクするのは『ラノリンアレルギー』の可能性がある?「ウールは選ばれし強き肌の人しか着れない」「保湿剤にも注意」

ご購入はコチラ

以上、TS DESIGN(株式会社藤和)のTS DRY WARMロングスリーブの登山ギアレビューでした。

ハイスペックだとpatagonia R1 エアクルーに、コスパ重視だとワークマンに行きがちですがウールアレルギーで汗っかきで暑がりな方にはおすすめの逸品です。

レビューが参考になりましたらこちらからポチッとご購入お願いします。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

ファミリーキャンプ情報や親子登山、子どもとお出かけスポットを発信しています。

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

( TOTAL94PV, 今日の1PV)

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©2014 codomoto.net, created Archiveproducts Inc.

登山ギアレビューなのでなし

福岡県福岡市中央区

TEL
なし
営業時間
なし
定休日
なし
駐車場
なし
備考
なし
次へ

関連する記事

Written by

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)