前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

【キャンプギアレビュー!】超軽量の薪割り機「MAKI CHOP」は子供の薪割り体験におすすめ!

長崎のアウトドアショップ「sumiyakickass(スミヤキッカス)」のNEW!アウトドアギア『MAKI CHOP』をキャンプギアレビュー!収納時は最小でA4サイズ以下におさまり、重さも1.7kgと超軽量の薪割り機はファミリーキャンプにおすすめの逸品です。

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたらとても嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

sumiyakickass(スミヤキッカス)とは

sumiyakickass(スミヤキッカス)さんは長崎県東彼杵郡長与町にあるチルアウトドアショップです。

スミヤキッカスさんではキャンプ用品・キャンプ道具の他にも樫木炭から作られた「本物の木炭」も販売しています。

その「本物の木炭」は長崎デザインアワード受賞商品で煙もにおいも出ないというのでいつかで使ってみたいですね。

そんなスミヤキッカスさんがリリースしたNEW!アウトドアギアが「MAKI CHOP(マキチョップ)」です。

MAKI CHOP(マキチョップ)のスペックをチェック

収納時サイズ(収納ケースに入れたとき) 44cm(最長)×20cm× 2cm(厚み)[先端を折り曲げるとA4サイズ以下となります]
重量 1.7kg
価格 14300円(税込)

ケースが少し長めにデザインされてるのはハンマーをケース内に入れることを想定しているとのことなので

ハンマーサイズによっては収納時のサイズをA4サイズ程度にコンパクトにすることも出来ます。

スノーピーク ペグハンマーPRO.S

サイズ的にはスノーピークのペグハンマーPRO.Sあたりがいいでしょうね。

 

同梱物はこんな感じです。一応、ビニールと紙の包み紙もあります。数回仕様するとやぶれるような簡易包装のものなので、

ライターは早速ダイソーで代わりのものを探してみました。

なんとダイソーの「メッシュケース2ポケット対応B5」が気味が悪いぐらいシンデレラフィット(笑)

自分はパーツ擦れでの黒の塗装剥がれなんかが気になるので早速このケースに入れて純正ケースに入れて使用しております。

今日の名言「100均に行けば代替合うケースがある!」というわけですな。

なんだかんだ言ってB5ケースにおさまってしまったのでB5サイズにも入るコンパクト性と言っても過言ではなさそうですね。

純正ケースもジオメトリック長のオリーブグリーンで渋めのカラーリングでいいですね。

カラー展開はブラックとオリーブグリーンの2色です。

ライターは無骨なアイアン調がいいのと、薪割り時の若干の塗装剥がれは免れないのではがれてもカッコがいい黒にしました。

女性の方はオリーブグリーンを選ぶかもしれませんね。

先日開催された「アウトドアデイジャパン福岡2021」のイベント内で先行販売されていたのをゲットしました。

詳しくはコチラ → 【気になるキャンプギアを勝手にレビュー!】アウトドアデイジャパン福岡2021に行ってきました

ちなみにイベントでの先行販売後は店頭販売を開始するそうで詳しくはsumiyakickass(スミヤキッカス)さんのInstagramをチェックしてください。

薪割り機「MAKI CHOP(マキチョップ)」のおすすめポイント

重量1.7kgと超軽量

以前TV番組「アメトーク」のキャンプ大好き芸人のときに千原ジュニアさんが

キンドリングクラッカー

を紹介していました。こちらが4.8kgに対して「MAKI CHOP(マキチョップ)」は、なんと驚きの1.7kgです。ソロキャンパーがバックパックに入れても持っていけるんじゃないでしょうか。

あと軽いと子供にも「持ってきて」って言いやすいですね。

収納ケース収納時に最小でA4サイズ以下というコンパクト性

バックパックへの収納時のサイズ目安として45cm以下のものが望ましいのですがケースに入れて最長でも44cm。収納ケースに入れて少し折りたたむと最小時にはA4サイズ以下になります。

この辺のコンパクト性は嬉しいですね。キンドリングクラッカーは折り畳みができないため車内積載が基本になってしまいますね。

さて気になるコンパクト薪割り機「MAKI CHOP(マキチョップ)」の使用感は

大人がついてあげてレクチャーしましょう。

トントントン!とハンマーでたたくだけ。慣れてくると自分たちだけでかんたんに薪割りが出来ていきます。

キャンプで薪割りのお手伝いというのもいいんではないでしょうか。

キャンプで薪割りといえば手斧かもしくはクサビを使った方法もありますが、いずれも子供にさせるには危険性がともなうので自分もやや難色でしたがこれなら安心ですね。

使ってみた感じゴムハンマーでも薪割りできそうな感じがしたので次はゴムハンマーでの検証もしてみたいと思います。

うまく出来たら子供にはゴムハンマーで薪割りさせたらなおのこと安心ですね。

ちなみに「MAKI CHOP(マキチョップ)」での薪割り動画はコチラ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こどもとねっと|公園*お出かけ*子連れキャンプ(@codomotonet)がシェアした投稿

この得意げそうなドヤ顔が可愛い!

子供の成功体験をつくってあげるために「MAKI CHOP(マキチョップ)」をご購入されてはいかがでしょうか。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたらとても嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

(Visited 213 times, 1 visits today)

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©2014 codomoto.net, created Archiveproducts Inc.

キャンプギアレビューなのでなし

福岡県福岡市中央区

TEL
なし
営業時間
なし
定休日
なし
駐車場
なし
備考
なし
次へ

関連する記事

Written by

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)