前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

【100均から125gの軽量コンパクト焚き火台だと!】キャンドゥ組立式コンパクト焚き火台[アウトドアのちょっとした湯沸かしに]

キャンドゥさんの「組立式コンパクト焚き火台¥550(税込)」を買って遊んでみました。実は100均の「ワッツ」さんにも売ってるんですがめちゃくちゃ小さいです。組み立て方や火付けのポイント、薪の準備の話などじっくりキャンプギアレビューしたいと思います。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

「こどもとねっと」公式Youtube『codomoto*outdoors』

お気軽にチャンネル登録していただけたらとても嬉しいです。

https://www.youtube.com/c/CodomotoNet

 

キャン★ドゥ「組立式コンパクト焚き火台」の詳細

100均のキャンドゥに「組立式コンパクト焚き火台」が550円で売ってたので思わず買ってしまいました。これはいろんなシーンで遊べそう。

裏面のスペックを見ると

材質 本体:ステンレススチール
収納袋:ポリエステル
紐:ポリプロピレン
サイズ(使用時) 9.5×9.5×8cm
重量 実測値125g(箱を除く)

こんな感じです。ステンレスの種別までは分からないですけど、ここまで小さいといろんな用途で使えそうですね。

この焚き火台の魅力はこの実測125gの軽さコンパクト性

これぐらいならザックに入れてアウトドアのどこでも連れていきたい感じですね。サブ焚き火台としてもいいと思います。

 

各パーツの詳細

全部で6枚のステンレスプレートが入っています。

  • 薪を入れる前面のプレート1枚
  • 横・背面のプレート(形状は同じ)3枚
  • 灰受けのプレート
  • 底板のプレート

の合計6枚です。

組み立て方は正直Youtube動画で見て頂いた方が分かりやすいと思います。

 

組み立ててみるとこんな感じ

組み立ててみるとこんな感じです。SOTOさんの焚き火台にサイズ感はすごく似てますね。

SOTO ミニ焚き火台テトラ

友人が使ってるのを見たんですが、こちらはさすがSOTOさんで空気の通りもよくてよく燃えます。

 

コンパクトな焚き火台は薪の準備が必要

サイズが小さな焚き火台は薪を細かく折って用意しておかないとうまく燃えないです。

こんな感じの枝を人差し指分の長さにポキポキ折る。

松の葉っぱや、ツルなどは

こんな感じでくるっと巻いてあげて焚き火台に入るようにします。

みんな「ツルとか薪にならない」と捨てちゃう人が多いと思います。

DAIKI
DAIKI
ツルって結構よく燃えますよ!

準備が出来ました。

これが400ccの水を沸騰させる分量と思ってもらうといいです。

薪を置いている下のプレートはダイソーさんの「バット」です。

揚げ物を置くやつですね。

DAIKI
DAIKI
なんでも使えるので便利です。
灰や燃えカスが落ちるのをブロックできるしね。

それでは燃やしてみましょう

意外とよく燃えます。ただこれは事前の準備があるので効率よく燃えるんですね。

ただ燃焼効率悪いので時々消えますwww

まぁ100均なんでね。

DAIKI
DAIKI
いずれ下に空気の取り込みの穴でもあけて
カスタムしたいと思います。

せっかくなのでお湯も沸かしてみた

火入れを時々しつつ、なんとか沸騰成功。10分ぐらいでした。

めんどくさくて火吹き棒しなかったので、火吹き棒併用するともっと効率いいと思います。

後片付け

後片付けは火が消えたのを確認して

灰をバットの上に落とす。

 

燃えカスは、お菓子の小さな缶があれば、それに入れて消火して持ち帰ればいいですね。

山の中では火を使うのは山火事のもとなので川の水辺やなんかで試してみたいと思います。

あと燃えカス・灰は必ず消火して持ち帰りですね。自分も低山の山頂での直火のあとよく見かけますが結構げんなりします。

Youtube動画はコチラ

Youtubeでは薪の準備も含めて組み立て方を公開中です。

 

。。。というわけで魔改造してみた

というわけでブログやYoutubeでカスタムの予告をしてたわけですが早速魔改造してみましたwww

魔改造のポイント

灰受け+底板で灰が真下に落ちない構造なので、この灰受けと底板の間から空気を取り込むようにしたい

そのために上の写真のように直径4mmの穴を鉄板1枚につき4か所あけました。

使用した道具

コツさえつかめば電ドリでなんとか穴をあけれました。

DAIKI
DAIKI
さて肝心の燃焼効率は?

魔改造後のキャン★ドゥ「組立式コンパクト焚き火台」の実力

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

林田大樹 九州キャンプと登山行きまくってます!(@archiveproducts)がシェアした投稿

正直想像以上に燃えました。

穴開けるのはあくまで自己責任でお願いします。

DAIKI
DAIKI
今度キャンプに実践投入するのが楽しみです

 

以上キャンドゥの「組立式コンパクト焚き火台」のキャンプギアレビューでしたレビューが参考になりましたら、各種SNSのフォロー、Youtubeのチャンネル登録お願いします。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

「こどもとねっと」公式Youtube『codomoto*outdoors』

お気軽にチャンネル登録していただけたらとても嬉しいです。

https://www.youtube.com/c/CodomotoNet

( TOTAL877PV, 今日の9PV)
Loading 行きたいね! 記事の参考にさせて頂きますので「行きたいね!」をクリックお願いします!!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©2014 codomoto.net, created Archiveproducts Inc.

キャンプギアレビューなのでなし

福岡県福岡市中央区

TEL
なし
営業時間
なし
定休日
なし
駐車場
なし
備考
なし
次へ

関連する記事

Written by

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)