前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

【河内ダム周辺の花見が絶景!温泉もあるよ】とりごえ温泉栖の宿キャンプ場(すみかのやど)

ちょうどお花見の時期に佐賀県鳥栖市の「とりごえ温泉栖の宿キャンプ場(すみかのやど)」に行ってきました。ダム周辺の桜も絶景でキャンプサイト内にも桜があるサイトもあります。温泉にも入れる素敵なキャンプ場でした。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

「こどもとねっと」公式Youtube『codomoto*outdoors』

お気軽にチャンネル登録していただけたらとても嬉しいです。

https://www.youtube.com/c/CodomotoNet

 

 

とりごえ温泉栖の宿キャンプ場(「すみかのやど」と読みます)へ

福岡市内から1時間以内の好立地で、最寄りの鳥栖ICより10km以内というアクセスが非常に良いのが「とりごえ温泉栖の宿キャンプ場」のいいところですね。

近くに「鳥栖プレミアムアウトレット」もあるので家族がキャンプに乗り気じゃない方はこれを口実に誘ってもいいかもしれません。

なんならキャンプ場行く前の昼食を「丸亀製麺」にしてもいいかも。

コスパが非常にいいのが「とりごえ温泉栖の宿キャンプ場」

このキャンプ場の魅力は温泉付きでのこのリーズナブル価格。

  利用料金
区画料 450円
大人 550円
小中学生 440円
幼児 無料

つまり大人2人と小学生1人幼児1人だと

450円+(550円×2)+440円=合計1990円!安っ!

ちなみに温泉利用は大人(高校生以上)300円、中学校200円、小学生100円です。これは人気のはずですね。

とりごえ温泉が面しているの「川内ダムの絶景の桜を眺めることが出来る」オススメルート

普通にGoogleマップの最短ルートで目指してもいいですがせっかくのファミリーキャンプ。絶景の桜を見ながらキャンプ場に向かいたいですよね。

ライターたちはこの河内ダムの東側から向かったのですが「河内ダム周辺の絶景の桜」と「とりごえ温泉栖の宿キャンプ場」の全周が見れてすごくよかったです。

とりごえ温泉栖の宿キャンプ近くの分岐

というわけで東側からのルートから向かうと分岐に差し掛かります。

右側が鳥栖市民の森の入口です。

こんな感じの案内版があって

頂上展望所への入り口があります。

とりごえ温泉の入り口に少し進んだところにある登山道案内図。めっちゃ分かりやすい!九千部山への登山口にもなってるようでいつか親子登山でも来てみたいですね。

分岐の左側はオートキャンプ場入口

鳥栖市民の森の入口があった分岐の左側がキャンプ場の入口になりますが受付しないといけないので「とりごえ温泉栖の宿」へ向かいましょう。

分岐のところを真っすぐむかうと

誘導看板が見えて来るので左に曲がります。

ちなみに逆ルートからみたら

こんな看板です。

とりごえ温泉栖の宿キャンプ場の受付

キャンプ場受付は奥の建物になります。結構大きめの張り紙があるのですぐわかると思います。

こちらの営業時間は10:30~18:00でキャンプ場利用の方の温泉利用の最終受付は17:30まで。

なので温泉に入りたい方は晩御飯前に入った方がよさそうです。

まとめると

利用案内

宿泊
  • チェックイン11:00~18:00
  • チェックアウト翌10:30
デイキャンプ
  • チェックイン11:00~17:00
  • チェックアウト17:00

施設営業時間

施設(物品販売、管内トイレ利用) 9:00~18:00
日帰り温泉(有料) 10:30~18:00(最終受付17:30)

こんな感じです。キャンプ場のトイレが簡易水洗の和式なので小さい子供さんや苦手な方は管内トイレ利用の時間もチェックしておいた方がいいと思います。

受付の建物の前のトイレは?

キャンプ場受付の建物の前にトイレみたいな施設があるのですが残念ながらフタがされて利用できなくなっていました

さてキャンプ場の方へ向かいましょう

キャンプ場の入り口です。夜間は施錠されるそうですが受付の際にダイヤル錠を教えて頂けます。

ただし車両の移動や入退場は18:30~日の出まで禁止です(緊急時除く)のでキャンプ場のルールは守りましょう。

なので買い出しチェックはチェックインしたらすぐにでも確認した方がいいでしょう。

進んでいくと

テニスコートとキャンプ場の全容が見えてきました。

まっすぐ行くとソロ推奨区画で、下に降りると広めの区画です。右に見える階段は施設側へ続く通路になっています。

広めの区画側へ降りてみましょう。

おお!掲示板が気になるので見てみると区画図がはってありました。

とりごえ温泉栖の宿キャンプ場の区画

公式サイトの区画割図にライターがおすすめする区画で少し赤線で囲んでみました。(あくまで個人の主観ですのでご了承ください)

1~11だったら河内ダム湖畔を眺めるようにテントレイアウトが組めるのでよさげな感じでした。

施設側からキャンプ場全体を見ると河内ダムにかかるように桟橋がかかってます。一度行ってみると位置関係が分かりますね。

ちなみに1~11の方から施設を見ると

こんな感じでした。結構きれいな施設なので温泉も含めて人気なのが良く分かりますね。

眺めは最高!

全日本まったりキャンパー選手権に出場したいくらいまったり出来ました。お花見キャンプと温泉ってマジ最高です。

炊事場

炊事場は2つのみなのであまり凝った料理は出来なさそうな感じです。しかも電灯がないので夜片付けする時はランタン必須です。

トイレと自販機

トイレは簡易水洗の和式便器なので小さい子供さんは少しきついかもしれません。管内トイレ利用の時間が限られてるので要チェックですね。

自販機もあるのでこれは嬉しいポイントですね。

灰捨て場

炊事場の裏に大量に灰が捨てられてる場所があったので館内の人に聞いてみると

「キャンパーの人が勝手に捨てて困ってる」とのことでした。これはひどい。ゴミも灰もきちんと持ち帰りましょう。ちなみに有料で処分もしてくれるそうです。

テニスコート前の駐車場

テニスコート前の駐車場はあくまでテニスコート利用者の駐車場なので勝手に使わないようにしましょう。

ハンモックが張れそうなサイト

ハンモック歴が長いライターがハンモックが張れそうなサイトをチェックしてみました。(あくまで個人の主観ですのでご了承ください)

5番

今回予約したサイト。油断してハンモック持ってこなかったのでタープでシェルター貼って寝ました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

林田大樹 九州キャンプと登山行きまくってます!(@archiveproducts)がシェアした投稿

結構慣れてないと無理なのでよい子はマネしないでね。

11番

19番

24番

[番外編]25番にはベンチがある

上の写真にうっすら写ってるんですが25番にはベンチがあるので荷物が多い方や、子供さんがテント設営時に「お菓子食べたい」とかなる場合は結構便利かもしれませんね。

Youtube動画はコチラ

お花見と言えば「お団子」。お団子と言えば「みたらし団子」。ということでホットサンドでみたらし団子を焼いたり、BBQフォークで焼いたりしてお花見キャンプを満喫しました。

 

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

「こどもとねっと」公式Youtube『codomoto*outdoors』

お気軽にチャンネル登録していただけたらとても嬉しいです。

https://www.youtube.com/c/CodomotoNet

( TOTAL68PV, 今日の1PV)

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©2014 codomoto.net, created Archiveproducts Inc.

とりごえ温泉栖の宿キャンプ場

佐賀県鳥栖市河内町2352番地

TEL
なし
営業時間
なし
定休日
なし
駐車場
なし
備考
なし
次へ

関連する記事

Written by

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)