【小魚が泳ぐ!跳ねる!透明度抜群の海にも行けるキャンプ場】ふれあい自然塾ひぜん


2018年8月上旬、「もうこの猛暑から逃げ出すには海だ!」ということで海水浴場のすぐそばにある「ふれあい自然塾ひぜん」にキャンプに行ってきたのでレビュー!小魚が泳ぐ!跳ねる!透明度抜群の海と直ぐ側の国民宿舎の温泉でまったり出来たりと夏には最高のキャンプ場でした。

「夏といえば海でしょ」ということで海水浴場そばのキャンプ場へ

実は見つけてきたのは自分ではないのですが、まさに夏に理想の構成のキャンプ場です。

公式サイトからお借りしたマップを見てみましょう。

こんな感じでキャンプ場から地図の右下の小道から島に渡ると海水浴場があるとのことです。

更に徒歩圏内の国民宿舎いろは島には温泉もあるのでお風呂も入れるので一安心。

これは行くしかないということでお盆前に準備して行ってみることにしました。

まずは食材準備。西方面なので行くなら「伊都菜彩」でしょ

もはやその知名度は全国クラスといっても過言ではない「伊都菜彩」。

昼に行ったら食材の大半は買い尽くされてるそうなので午前中に到着して買い出しや~。

中は大賑わい。真ん中の弁当コーナーより右奥の惣菜コーナーの方が意外とリーズナブルです。これマメ知識な。

さあ到着!ということで「ふれあい自然塾ひぜん」の外観はこんな感じ

まずは建物外観。キャンプ場の受付が必要なのでまずは行ってみます。

なかなかキレイでいいね。奥に進みます。

 

入って左側の体験棟の入口入ってすぐのところに受付があります。

懐かしい感じ。トトロに出てくる田舎の家ってこんな感じですよね。

さらに奥に入るとこんな座敷がありました。上がってみると絵本がたくさんあって

海水浴前に絵本を読むことに。海水浴後だと体がベタベタでヒンシュクなので絶対にやらないですけどなんか田舎の休日っぽくていいですね。

 

なんでライターの頭が汗だくかというとこの猛暑の中テント設営やってたからですね。うへ~。猛暑はよ終われ。

テントサイトはこんな感じです。上の区画もあるのですが今回自分たちだけだったので一番下の炊事棟そばを選択。

 

トイレ&炊事棟はこんな感じ。うむ。キレイで良い。

さらに無料WI-FIがあるってのが意外。ふれあい自然塾ひぜんすごいわ~。

体験棟の中に入らず海の方に向かうとシーカヤック体験の道具が一式。この施設で結構人気のアクティビティのようですね。

いいな~。やりたいな~。っていうか空気注入式でもいいから買おうかな。この辺の海は中海なので波もおだやかでシーカヤックには確かに向いてるでしょうね。

公式サイトのマップにもあった海水浴場はこの「ようせいの橋」を渡って向かいます。

海水浴場が橋を渡った先の小島だなんて素敵ですね。

さあ、ようせいの橋を渡って海水浴場へ

海だ~~~~!

しかも人少なくて静かでいい。海の家だらけの賑やかな海水浴場が好きな人もいるでしょうが自分はコレぐらいの方が好きです。

しかも木陰が多くてタープもいらないってのは嬉しい。

遠浅が数メートルつづく小さな子どもも安心の海水浴場なのも高評価ポイント

下の子は2才なんですがココの海水浴場が半分ぐらいは浅い部分が続くのも安心ですね。

 

しかもこの抜群の透明度!これは福岡では見れないな~。この中を小魚がチョロチョロって泳いでるのでこれがまたカワイイ。

さらに水面をときどき飛び跳ねたりします。これも毎年来たくなるポイントですね。

海水浴場の中の設備ってどうなの?

海の家みたいのは全く無いのですがシャワーとトイレはばっちりあります。

こちらはシャワー棟。

中に入るとこんな感じのフリースペース。着替えや浮き輪などをちょこっとおいたり出来ますね。まあ実際置いてますけどね。

シャワー室はこんな感じ。着替えスペースの更衣室と

 

その奥のワンコインシャワー。まあ普通はワンコインといえば500円を想像するでしょうか。なんと100円の格安シャワー。

個人差もありますが2人ぐらいなら100円で余裕かもしれません。

  

こちらがトイレ棟。これくらいで十分ですね。この海水浴場はしっかり買い込んで楽しむ海水浴場なので事前の準備は必要ですね。

とは言っても「国民宿舎いろは島」にも売店ありますし。「ふれあい自然塾ひぜん」の周りに自販機もあります。

さてすぐそばの「国民宿舎いろは島」の温泉はというと

ふれあい自然塾ひぜんから20mほどゆるやかな坂をすすむと「国民宿舎いろは島」です。今ちょっと改装工事中みたいでした。

終わったらどんだけキレイになるんでしょうね。ここの海は気に入ったのでいつかココにも泊まってみたいです。

入り口にはデカデカとリゾート感をあぴーるするようなポスターが。

スタンドアップパドルも出来るみたいですね。他にもイカ釣り体験なんかもされているようでした。

温泉も「美人の湯」というだけあって疲れがすっかりとれて満足。大浴場から海が見れるのはいいですね。

風呂上がりは、テント設営でクタクタだったもので無料の冷たいお水をがぶ飲みしてしまいました。

っていうかこれ海水浴場レビューじゃないの?

ギクッ!まあそれぐらい海がすばらしいキャンプ場なので夏キャンプの選択肢の1つとして考えてみてください。

最後にこの海水浴場の注意点

ときどき砂の中にカキの殻があって足を切ることがあるそうです。

ただ自分の印象的には砂を思いっきり走ったりなど踏み込まないと砂の中から出てこないかなって感じはしました。

一応子どもにはゆっくり歩くよう注意しときましたけどね。

以上、ふれあい自然塾ひぜんのキャンプ場&海水浴場のレビューでした。

 

有料記事掲載についてのご案内


ふれあい自然塾ひぜん

http://web.people-i.ne.jp/~fureai-h/

佐賀県唐津市肥前町満越886-3

TEL
0955-51-9088
営業時間
ふれあい自然塾ひぜんのHPを参照
定休日
ふれあい自然塾ひぜんのHPを参照
駐車場
無料
備考
なし

我が子のことが好きすぎてたまらないアラフォー男。あまりに好きすぎて「コドモトネット」を立ち上げ、システム~デザインまでコツコツバージョンアップしております。

普段はWEB制作、システム開発、ネットマーケティング、SEO、商業写真など手掛ける制作会社の社長業をやってますが、なんせ少数のこじんまりとした企業なので社長は事実上の歩兵状態です。

重度のオタク、サブカル知識を持て余しており今の妻のおかげで多少ましになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください