前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

【キャンプギアレビュー】フィールドアバンブーテーブル120はおうちキャンプ一軍入り決定の手軽さ!

Fieldoor(フィールドア)のバンブーテーブル120が思いのほか組み立てがかんたんでお値段もリーズナブル。さらにファミリー向けの広々120cmの竹の天板はお手入れもかんたんでおすすめです。

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたらとても嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

フィールドア バンブーテーブル120のスペックをチェック

サイズ (約)W120cm×D60cm×H49cm / 70cm
折りたたみ時 : (約)W63cm×D11cm×H63cm
重量 (約)9.3kg
材質 天板:バンブー(竹)※表面:ポリウレタン樹脂加工フレーム:アルミニウム合板
耐荷重 50kg

※バンブーテーブル120は無段階高さ調節ができません。

購入の決め手は天板の横幅が12ocmであること。先行して40cm、60cm、100cmのサイズが出ていて待望の120cmが出たので思わず購入してしまいました。

フィールドア バンブーテーブル120のおすすめポイント

  • ファミリー向けのワイドな幅広120cmサイズ
  • お手入れもかんたんで、かつ肌触りもいい竹の天板
  • 子どもさんにも安心の4角の角丸加工
  • 金属パーツは軽量で錆に強いアルミ
  • 価格が1万円以下

となかなかコスパ良の逸品です。

竹天板で肌触りもよくライターも子どもも「気持ちいい~!」と言いながらほおずりしていました。

バンブーテーブル120だけは無段階高さ調節が出来ないのですがライターたちはロースタイルでしか使わないので問題ありませんでした。

かなりかんたんな組み立て方

組み立て方もかなりかんたんで

  1. ケースから出して
  2. ストッパーを外して
  3. 天板を開いて
  4. 天板のストッパーをロック
  5. 足を固定

ワンアクションとまではいかなくてもシンプルに組み立てられるのはいいですね。

ライターはこれ以外にもキャンプ用に

コールマン ナチュラルウッドロールテーブル

も所持していますがこちらはどちらかというと収納時のコンパクト性重視で車内積載を考えてキャンプ専属みたいな感じで利用してます。

おうちキャンプではすぐ組み立てられる方がいい

ところが家の場合は話が別でよりコンパクトになるより、パッとサッと組み立てられれるのが便利なので、ついに待ち望んでたテーブルが出た!みたいな感じで

購入に踏み切りました。

かんたんで楽なテーブルが来るとおうちキャンプのテンションが上がる

かんたんで楽なテーブルが来ると、その分調理の準備に時間がさけるので

ライター所有のソロ用焚き火台キャプテンスタッグのカマドB6で

 

サクッとフレンチトーストとホットケーキを作ってあげると

子どもは大喜びですね。

とくにテラスでおうちキャンプするときは、テラスの時点で高さが上がってるのでロースタイルのテーブルでサクッと組み立てられるのは絶対的に便利だと思います。

見栄えも意外といいでしょ?

ご購入はこちら

以上、フィールドア バンブーテーブル120のキャンプギアレビューでした。
レビューが参考になりましたらこちらからポチっとご購入いただけると幸いです。

 

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたらとても嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

(Visited 63 times, 1 visits today)

キャンプギアレビューなのでなし

福岡県福岡市中央区

TEL
なし
営業時間
なし
定休日
なし
駐車場
なし
備考
なし
次へ

Written by

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)