前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

【デイキャンプでも見れる絶景サンセットがステキ!】波戸岬キャンプ場[夕景・海沿い]


BE-PAL編集「本当に気持ちいいキャンプ場100」にも選ばれた佐賀県唐津市の「波戸岬キャンプ場」にまたまた行ってきました。実はライターはソロでリニューアル前に行ったことがあるんですが、オシャレになってビックリです。今回はさらにデイキャンプでも夕景が見れることを知って新たな発見がありました。

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたらとても嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

お仕事半分、プライベート半分ってことで

我が家はキャンプ好きで、自分にいたってはキャンプ道具DIYするのも好きなんですが、ついに取材協力という形で波戸岬キャンプ場に行かせて頂きました。

最初、「えっ!ココから?」って言う道から入っていくんですが大丈夫。あなたのスマホのナビほぼあってます。

ここから左に行くと駐車場。前に見える建物が管理棟ですね。

行ってみたかった理由はと言うと

「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100 2019年度版」にも掲載

https://www.hadomisaki-camp.jp/

下調べでホームページ見てみたら「なに!この変わりよう」なんかドローン撮影動画も入ってオシャレになっとる!

昔ソロで来た時はおじいちゃん1人で管理してたのに。。。。管理人さんが若者になっとる!

しかもライターとのキャンプ&アウトドアトークがしっかり話せる!(これは地味に嬉しい)

せっかく来たので一通り散策してみました

管理棟そばのシャワー施設。昔はこわれたりしてたけど、もうリニューアルしたから大丈夫だよね!

管理棟前の広場。ハンモックのベースやキャンプファイヤースペース。あとインスタ映えスポットが。。。。

壊れてました。管理人の兄ちゃんが「昨日の強風で。。」と悲しそうな顔をしてたのが目に焼きつきました

ま、、、まあ昨日風強かったしね!きっともうこの記事アップするころにはなおってるでしょう。なおしてるよね!

ちなみに完成当初は

自分も吉本芸人の人もみたいに子どもと「わぁ~!」したかったわぁ。まあ夏にまた「わぁ~!」しに来ますかね。

つづいて

フリーサイトエリアへ

ちょっとした並木を抜けて

炊事棟へ。ここもキレイになってますねー。佐賀県さん本気出してきました。

ところどころこんな感じの休憩エリアもあります。

フリーサイトは海も見えて絶景。ただ夏場も海風は考慮してタープを立てたほうが良さそうですね。

個人的には焚き火が好きな自分はDODのムゲンタープを横張りして風対策出来ればいいな~と思ってます。

 

何気に素材もポリコットンですしね。

フリーサイトは何層かに別れていて2層目、3層目あたりも海が見えてオススメ。

おおよそ。こんな感じの眺めに眺めになります。

もっと上の層になるとかんな感じの並木エリアに、コレはコレで真夏の時はいいサイトになりそうですね。

つづいてオートキャンプサイトへ

            

管理棟から右側にすすむとオートキャンプサイトへまずはこの小高い丘になったエリア

つどいの広場の側のエリア。うん。やっぱりココがオススメですね。ただしここも開けているので風対策は考えた方が良さそうです。

コドモトネットではファミーキャンプなどの取材協力もお受付しておりますのでお気軽にご相談下さい。

ということで

今回はデイキャンプで2回目の訪問

ここから追記の内容です。デイキャンプがなんと20:00までという太っ腹時間設定だったので、またまた波戸岬キャンプ場に行ってみました。

今回はデイキャンプが20:00までという情報をもとに

  • 夕景を楽しもう
  • 買ったばかりの薪割り機「MAKI CHOP」の試し割り

この2つを目的にやってきました。前回訪問時に海沿いならではの強風対策の必要性を感じたので、

陣幕を持ってきているので対策バッチリです。夕景がメインなのでフリーサイトにしました。

のはいいが

「運搬がしんどい。。。。」

もう子どもたちまったく役にたってません!いや気持ちは嬉しいんだけどね。。。

ちなみに台車は大きいのが1台、小さいのが3台貸し出しがありました。

管理人さん曰く「各自、声かけて譲り合いで使ってください」とのことです。

下り坂での運搬が結構ぐっと下に引っ張られそうになるので下りでは持ち手を逆転した方がいいですね。うちも途中で反転しました。

上の子は結構役にたってました。よしエラいエラい。

パップテントの設置完了

パップテント設営完了。今回はプライベート感を重視して、通路に背を向けて設置しました。

波戸岬キャンプ場は最近芝生サイトでの炊き逃げ被害も多いようですが、そんな人は「こんな地面サイトにしたらいいのに」と思いました。

ライターはそれでも焚き火シート敷きますけどね。

この間もう風がビュービュー吹き荒れます。まぁ海沿いのキャンプ場は仕方ないですね。

秘密兵器!強風対策の陣幕を設置

というわけで今回の秘密兵器「陣幕」を設置しました。

薪割りの後ろに見えるのが今回の陣幕です。実はこれの商品名は陣幕ではありません。

キャンバスタープ 16oz 蝋引き帆布 ターポリン 軍幕 OD色 [ 8×10ft ]

蝋引き・オイルコーティングされたミリタリーショップが販売するコットンタープです。

蝋引き・オイルコーティングによる防カビ・防水対策がされているので表面がベトベトします。

なので初心者にはおすすめしません。実際、子どもたちには大不評です(笑)

ただ分厚い帆布生地なのでタープ下での焚き火や、貼り方によっては陣幕としても活躍しますね。自分が買ったときは7000円前後だったのですが少し値上がりしてますね。

サイズのバリエーションも豊富なのでコットンタープを選ばれる際は選択肢の1つに加えるのはありだと思います。

海も景色も楽しめるキャンプ場

サイトから海に降りてみて海沿い散歩。写真映えしますねー。大人がしっかりついてあげる必要はありますね。

せっかくなのでシャボン玉を楽しむ子どもたち。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こどもとねっと|公園*お出かけ*子連れキャンプ(@codomotonet)がシェアした投稿

風が強いおかけで渦巻くようにシャボン玉が飛んで行ってキレイですね。

今回デイキャンプ利用で感じたんですが

時間帯のよって風邪がおさまってくるので陣幕の使い分けでより快適なキャンプが楽しめそうです。

夕方ぐらいには陣幕をたたんで夕景を楽しめました。

波戸岬キャンプ場の夕景

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こどもとねっと|公園*お出かけ*子連れキャンプ(@codomotonet)がシェアした投稿

 

この時間に合わせてコーヒーを沸かしてお行くとまったりの時間を楽しめますね。

 

焚き火のこの時間に合わせて行うと絵になりますね。

終わった後に、薄ら明かりの撤収をしないと20:00に間に合わないので急いで撤収が必要ですね。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォローよろしくお願いします。

https://www.instagram.com/codomotonet

(Visited 153 times, 1 visits today)

波戸岬キャンプ場

https://www.hadomisaki-camp.jp/

佐賀県唐津市鎮西町名護屋7324

TEL
0955-82-2820
営業時間
平日 9:00~17:00、土日・祝 9:00~18:00
定休日
定休日:毎週水曜日(ゴールデンウイーク、7~9月などの繁忙期は無休)
駐車場
あり
備考
なし
次へ

Written by

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)