前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

【ミリタリーっぽくてカッコいい!】100均「seria」で作るキャンプ映えするスマホショルダーの作り方

最近はやっている「スマホショルダー」ですが、iPhoneユーザーの方は既製品でもオシャレなのありますね。しかしどれもケースこみで¥8000前後。というわけでミリタリーっぽくキャンプ映えするスマホショルダーを100均seriaで自作してみました。

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

「こどもとねっと」公式Youtube『codomoto*outdoors』

お気軽にチャンネル登録していただけたらとても嬉しいです。

https://www.youtube.com/c/CodomotoNet

 

最近流行ってるスマホショルダー

最近、昔流行ったスマホストラップが「スマホショルダー」として生まれ変わって
流行ってるそうなのでキャンプやアウトドア界隈で指示されてるスマホショルダーをピックアップしてみました。

どうもトレンド的にショルダーバッグのようにたすき掛けスタイルがトレンドのようです。

ROOT CO.のiPhoneケース+アタッチメント式ネック&ショルダーストラップ

釣りやキャンプのアクセサリー類で有名な「ROOT CO.」のiPhoneケースと別売りのアタッチメント式ネック&ショルダーストラップの組み合わせです。

  • iPhoneケース¥4400
  • アタッチメント式ネック&ショルダーストラップ¥4400

で合計¥8800となってしまいます。しかもストラップの方は他にも小物をひっかけれるすぐれものです。

 

PORTER(ポーター) ショルダーエアジャケットwithポーチ

皆さんご存じの吉田カバンことPORTERのショルダーエアジャケットwithポーチです。

最近ファッション系のネットニュースでも話題になりました。ポーチ付きでなんと¥24200です。スマホもう1台買えるんじゃない?

ただしあっという間に売り切れちゃいました。

最近は話題になると転売屋が買い占めるのでホントに人気かどうかは不明ですwww

 

YOSEMITE mobile strap

クライミングロープを様々なギアへ落とし込んだYOSEMITE STRAPのスマホショルダー版「YOSEMITE mobile strap」です。

こちらも平均¥7000~9000代となっております。しかも構造上長さの調節もきかないという。。。。

 

どのケースもiPhoneしかない!Androidの人はどれ買えばいいの?

ここで大きな問題がAndroidユーザーにぶち当たります。

DAIKI
DAIKI
カッコいいスマホケースは
iPhoneしかないじゃん!

そうです。Androidユーザーの方はこの手のトレンドものの対応品が出るのが遅いんですね。

DAIKI
DAIKI
。。。。という訳で
「探しました!」

Androidユーザーの強い味方!ELECOM 「ZEROSHOCK」

そんなAndroidユーザーの強い味方がELECOMのZEROSHOCK(ゼロショック)シリーズだ。

実はPCケースなんかもZEROSHOCKシリーズで発売されたのをライターは愛用していて10年たった今もまだ使えてます!

まぁそれぐらい丈夫っていうことですね。スマホケースのラインナップも異常なほど多く、

SIMフリーやキャリア独自モデル、iPhoneも全て網羅すると言う無双っぷりです。

価格もお手頃で¥1000~2000前後で入手できます。耐衝撃性能もペラッペラのTPU1枚構造じゃない2層構造なので安心ですね。

ライターは自分の機種対応のものを¥1280で入手しました。

 

ZEROSHOCKをおすすめしたいもう1つのポイント

こちらはアイキャッチにも使っている完成版の画像ですがフックを取り付けれる穴が合計6つあります。

つけ方次第でいろんなアレンジが出来るのもいいですね。

ZEROSHOCKのスマホケース以外に必要なもの

それではZEROSHOCKでご自身のスマホに合うスマホケースを準備したことを想定して、他に必要なものを列記します。

おすすめは100均のseria(セリア)です。

手芸用品の小物がまぁ充実しているキャンプギア・登山ギアのメンテに使えそうなものをあるのでオッサンであるライターもついついパトロールしてしまいます。

装飾パーツ コードストッパー4個入

クラフト金具キーホルダーパーツ ナスカンミニサイズ5個入

カラビナ・キーフックD型4P

アウトドアハンギングベルト90cm

以上オール110円ですので合計¥440円

 

つづいてワークマンで買うべきのが

パラメイトロープ太さ4mm×長さ15mで¥350円。

なんでロープだけワークマンを推すかと言うと圧倒的なロープの質感です。

このコットンライクな質感はワークマンの優勝ですね。しかも15mあるんで他にもいろいろ作れますよ。

材料の合計金額は。。。

  • ZEROSHOCKスマホケース¥1280
  • seria購入品¥440
  • ワークマンパラメイトロープ¥350

ですので。。。。

 

DAIKI
DAIKI
合計¥2070円!やすっ!!!

ZEROSHOCKのスマホケースの金額をカウントしなければ¥790円で作れます!

ミリタリーっぽいキャンプ映えするスマホショルダーの作り方

1、材料をピックアップ

まずは材料をピックアップします。

  • ワークマンのパラメイトロープは50cmにカットしたものを2本
  • コードストッパーを2セット
  • カラビナからとった丸カンを2セット
  • ナスカンを2セット
  • アウトドアハンギングベルト90cm

以上です。なのでスマホケースを加えなければこれでスマホショルダーを2個作れます。

2、アウトドアハンギングベルトをパラメイトロープを結びつける

アウトドアハンギングベルトの両端にそれぞれワークマンのパラメイトロープを結びつけます。

3、もう一方のパラメイトロープの先をコードストッパーに通す

図で説明すると

こんな感じでコードストッパーの穴に通していきます。

通した後は外れないように端っこの方に結び目をつくっておきます。

4、ナスカンと丸カンをくっつける×2

丸カンとナスカンをくっつけましょう。

丸カンをクルーッと回せばくっつきますね。

注意点としてはフックの方はスマホケースに取り付けるのでそちらくっつけないこと。

5、4で作ったパーツをコードストッパーで作られたパラコードの輪っかに通す。

こんな感じですね。もう1方も同じように通してくっつけましょう。

6、ナスカンのフックをスマホケースZEROSHOCKに取りつけて完成です。

このフックをお好きな位置に取りつけて完成です。

DAIKI
DAIKI
名付けて「零式スマホショルダー!」

ネーミングがちょっと中二っぽいですねwww

理由は単純にZEROSHOCKを使ったからです。

メインにアウトドアハンギングベルトを使ったので、サングラスやキーホルダー、タオルなどひっかけれるので便利ですよ。

その他にもコードストッパーでかんたんに長さ調節が出来るので電話をかけるときや携行する時なども便利です。

詳しくはYoutube動画(字幕付き)で解説しているのでご参考になれば幸いです。

Youtube動画はコチラ

ブログ記事の方やYoutube動画が参考になりましたら下記の各種SNSのフォロー、Youtubeのチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

「こどもとねっと」公式インスタグラム

お気軽にフォロー・コメントしていただけたら嬉しいです。

https://www.instagram.com/codomotonet

 

「こどもとねっと」公式Youtube『codomoto*outdoors』

お気軽にチャンネル登録していただけたらとても嬉しいです。

https://www.youtube.com/c/CodomotoNet

( TOTAL104PV, 今日の5PV)

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©2014 codomoto.net, created Archiveproducts Inc.

キャンプギアレビューなのでなし

福岡県福岡市中央区

TEL
なし
営業時間
なし
定休日
なし
駐車場
なし
備考
なし
次へ

関連する記事

Written by

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)