前へ
Tweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someoneShare on Facebook

【見て触れて遊べる!体感型アートイベント】魔法の美術館

mahounobijutsukan2015
2015年9月7日~10月18日の期間、福岡市博多区の福岡アジア美術館で「見て、触れて、遊ぶ 光と影のワンダーランド 魔法の美術館」が開催。芸術の秋はデジタル技術をつかった光と影の体験型アートイベントにお出かけされるのもいいですね。

見て、触れて、遊ぶ 光と影のワンダーランド 魔法の美術館

「魔法の美術館」は、「見て」「触れて」「参加」できる、アート作品が一堂に集まった、全く新しい体験型イベントの展覧会です。

アーティストたちが作り出す光と影の不思議な空間では、大人も子供も時間を忘れ、夢中になって遊べますのでファンタスティックな魔法の世界をどうぞお楽しみ下さい!!

【日程】2015年09月07日(月)~2015年10月18日(日)

【休館日】水曜日(但し2015年9月23日(水・祝)は開館。翌24日(木)が休館)

【時間】10:00~20:00(入場は19:30まで)
最終日は18:00閉館。(入場は17:30まで)

【場所】福岡アジア美術館 企画ギャラリーA/企画ギャラリーB/企画ギャラリーC

【料金】観覧料    一般:1000円(800円)、高大生:800円(600円)、小中生:500円(300円)家族ペア券(当日、会場で発売1200円。一般+小中学生)

【前売り券発売】

  • チケットぴあ(Pコード 766-990)
  • ローソンチケット(Lコード 87485)
  • アクロス福岡チケットセンター、西鉄旅行、ちけっとぽーとほか主要プレイガイドにて発売。

※家族ペア券があるので子供連れは当日券がお得かもしれませんね。

主な展示内容(一部を紹介します)

Splash Display

動き回る光の的に投げた玉が命中すると、敷き詰められた発泡ビーズが噴水のように舞い上がります。

七色小道

通路を歩くとさまざまな色や光があふれ出て、他の人が歩いてできた色と混ざり合っていきます。

Immersive Shadow

壁のスクリーンに大映しされた自分の影で、壁に映し出されたボールをはじきます。

Secret Garden

空中を舞う花や、生命力を感じさせる雑草、小石のような卵の殻などを白い鳥の羽で美しく表現しています。

お問い合わせ

毎日新聞社福岡本部事業部
TEL:092-781-3636

「魔法の美術館|福岡アジア美術館」公式サイトより引用

( TOTAL44PV, 今日の1PV)

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

©2014 codomoto.net, created Archiveproducts Inc.

福岡アジア美術館

福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階

TEL
なし
営業時間
なし
定休日
なし
駐車場
なし
備考
なし
次へ

関連する記事

Written by

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)