ターザンロープや遊具や川遊びで遊び倒せ!自然学習村源じいの森キャンプ場

投稿者: カテゴリー: 子連れキャンプ オン 2020年4月17日


2019年9月、福岡県田川郡の「自然学習村源じいの森」のキャンプ場に行ってきました。ターザンロープ有り、遊具あり、吊り橋あり、天然温泉ありで川遊びも出来るキャンプ場で遊び足してきたぞ!

いよいよ前々から気になってた源じいの森へ

福岡市内から車で約1時間半という好立地でかつ、遊具や温泉もあるキャンプ場ということで前々から気になっていた自然学習村源じいの森に行ってきました。

施設のコンセプトとしては「ふれあい自然塾ひぜん」に似てますね。ふれあい自然塾が海の自然体験がメインであれば、源じいの森は山の自然体験がメインということでしょうか。

とはいえ以前から気になっていたのでワクワク感がとまりません。そしてゆるキャラ「源じい」も気になる!

施設のエントランス前の駐車場入り口では源じいがお出迎え。源じい可愛すぎるぞ!

早速受付へ。源じいの石像の奥が受付がある宿泊施設の建物です。まあお約束の顔ハメ看板ですね。

中に入るとなかなか風情のある囲炉裏なんかもあります。最近は焚火料理なんかもはやってるので身近になりましたね。

源じいの森案内図を見ると周囲が川で囲まれているのが分かります。

今回は遊具がすぐそばにあるリバーサイドガーデンにすることにしました。

なぜか旧国鉄(現JRグループ)の車両「ヨ9001」がある

リバーサイドガーデンへ向かう途中には旧国鉄(現JRグループ)の車両「ヨ9001」がありました。鉄オタにはたまらないんでしょうねー。

もちろん乗って写真を撮ることも出来ます。ちょっとした車掌さんごっこなんか出来るかも。

 

九州で一番古い石坂トンネルを遠めに見ることも出来ます。

さてここを進むと駐車場で、駐車場で車をとめたあと定番のリヤカーでフリーサイトに荷物を運ぶ感じですね。

はい。キャンプ場によくある定番リヤカーですね。フリーサイトはフリーサイトで広めにとれる解放感も魅力ですね。

まあ子どもにとっちゃそんなのそっちのけで遊具がすこぶる楽しかったようです。

さあ遊べ!これが源じいの森の遊具コーナーだ!

まず入ってすぐにあるのがクライミングコーナー。鉄パイプフレームもあるのでジャングルジム的な遊びも出来ますね。

つぎにターザンロープ。小さい子でも乗れるように柔らかいボールがついているので3歳の子でも遊べました。ただし親御さんはちゃんと見といた方がいいと思います。

 

かんたんに乗れるターザンロープをご満悦中。

後ろにはローラーコースターもあります。これだけ充実していれば子どもには最高ですね。

リバーサイドガーデンのフリーサイトについて

リバーサイドガーデンのフリーサイトは遊具を中心として周囲に設営する感じですね。

今回はsnowpeakのアメニティドーム(現在廃盤モデル)とuniflameのREVOタープLです。

↑現在は名称が変わって「アメニティドームM」になっていますね。少しだけ形状が変わったようですがsnowpeakさんだと廃盤商品の部品取寄せが出来るので其の点もいいと思います。

↑REVOタープLは現在はREVOタープ2Lになったのから新モデルはタンカラーが出てるのでそちらがいいかも。ファミリーキャンプで使うでかいタープはTCコットンは重過ぎるのでおすすめしません。その点REVOタープはデカくてコスパも申し分なし。

リバーサイドガーデンの周囲は川になっていて降りてみるといい感じの河原が広がっていました。

若い子たちが騒いで飛び込んだりしてたので今回は控えましたが静かな時はソロキャンプ用の焚火台なんか持ち込んでまったり川辺でコーヒータイムなんかもいいかもしれません。

 

焚火後の織り火でコーヒー保温しつつまったり。

サングラスを強奪して写真をとりたがるキッズたち。

ちょっとカッコつけたかったんでしょうか?

今回から導入のSOTOのシングルバーナーST-301をちょっと紹介

ファミリーキャンプ向けにはよくsnowpeakさんのHOME&CAMPバーナーが紹介されてます。

見ためカッコいいですもんね。ただ自分は火力・コンパクト性・コスパともにシングルバーナーST-301が勝っていたのと値段があがる前に購入できたのでこちらにしました。

HOME&CAMPバーナーとシングルバーナーST-301の比較(2019年10月時点)

  HOME&CAMPバーナー シングルバーナーST-301
火力 2100kcal/h 3,200kcal/h
収納時サイズ 90×120×255mm 160×100×90mm
価格 9980円 7500円(税別)

一番の決め手は収納時のコンパクト性ですね。コンパクトになる分だけ食材や遊び道具持ち込めるのは正しい判断です

↑今は価格改定で値段が上がっちゃったのが残念ですね。

夜は源じいの森温泉へ

夜はみんなで源じいの森温泉へ。ちょっとした宴会場やカラオケなんかもあるようで「天城越え」を熱唱する声がwww

近隣の人たちの憩いの場としても愛されてるんでしょうね。

子どもたちはお風呂の後はテレビに夢中でした。

グリーンシャワーガーデンを下見に

旧国鉄車両の場所の横当たりからグリーンシャワーガーデンに抜けることができます。次回に向けて下見してきました。

なかなかの吊り橋。ジブリ臭がぷんぷんしますね。これははしゃぐわ。

橋の上からパシャリ。渡った先はメンテナンス中で橋より奥には行けませんでした。

川辺のサイトもなかなかいいですね。こちらもフリーサイトで車をとめてキャンプ道具を運ぶ感じです。

川遊びメインならこちらでもよさそうですね。

下見を終えてリバーサイドガーデンへ戻りました。苔むした感じがなんとも風情がありますね。

以上、源じいの森キャンプ場のご紹介でした。

有料記事掲載についてのご案内


自然学習村 源じいの森キャンプ場

http://www.genjii.com/

福岡県田川郡赤村大字赤6933-1

地図の中心へ

TEL
0947-62-2911
営業時間
直接お問い合わせください
定休日
直接お問い合わせください
駐車場
あり
備考
なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)