【露天風呂あり、九重の山々のパノラマビューもステキ!】泉水キャンプ村


2017年9月下旬、大分県玖珠郡の泉水キャンプ村に行ってきましたので勝手にレビューしちゃいます。施設内に露天風呂もあり。オートキャンプ場も広々としたパノラマビュー。また子連れで行きたくなるキャンプ場でした。

キャンプの基本は水と食料の調達!

いや~まあ人それぞれなんですけど、まずキャンプは水と食料の調達かなと勝手に思ってます。一生懸命荷造りしてても「あ!あれ持ってくるの忘れた」とかりますからね。あと子どもはよく菓子食べるのでせがまれて調達せざるおえないような状況とかですね。

という訳でまずは「食料の調達」ということで地元のスーパーへ

九重ICで降りるなら「ショッピングパークアミー」がオススメ

「え?キャンプ場のレビューじゃないの?」と思われました?まぁ聞いてください。この「ショッピングパーク アミー」は九重にキャンプに行くなら抜群の立地なんです。

降りてすぐとかコレは便利。降りるとすぐにスーパーがあるとの事前の下調べはあったもののホントに近くて便利!(なんかセブンイレブンのキャッチみたいw)

看板もデカデカしてて分かりやすかったです。

 

ベビー用品もあったので我が家も1歳児を連れてキャンプに行ってますが「あ!オムツが足りない」って時にも調達できそうですね。

次に水の調達に向かいます。

九重IC~アミーを経由して九酔峡にある桂茶屋さんへ

通称「狐茶屋」さんらしいですがそれはもう「千と千尋の神隠し?」みたいな狐さんが迎え入れてくれるお店です。

関連ランキング:レストラン(その他) | 九重町その他

ここにはちょっとした滝スポットや水汲みスポットがあるのでそこで水を調達。

九酔峡って風光明媚でいいですよね。水の出がチョロチョロだったのでタンク1個だけ湧き水を補充します。

ちなみに桂茶屋さんの展望飲食スペースだとこの眺め。

チャチャチャチャーン!(モンスターハンターのテーマ)すいません。自分だけ舞い上がってました。

水の調達も終わったので泉水キャンプ村へ向かいます。

いざ泉水キャンプ村へ

(公式サイトスクリーンショットより)

公式サイトの見取り図だとこじんまりした感じに見えますが結構広いです。自分たちが到着した時には「今日は80組くらいかねー」とか管理人のおじさんが言ってました。ちょっと多くて狭いんじゃないと心配になりましたが「大丈夫。120組くらい入るから」とのこと。

さすが九重のキャンプ場ですね。

いざテントの設営が終わるとなんともなしに芝生で走り回る子どもたち。

メルヘンだなー。ススキもいい感じです。これも秋口にキャンプ行くメリットの1つですね。

着くなりなんか食ってる下の子(1歳児)。とりあえずみかんを食わないと気が済まないようです。

泉水キャンプ村を子連れキャンプにオススメするポイント

  • 敷地内の露天風呂
  • 近くに九重青少年の家のアスレチック施設[無料]で遊べる
  • オートキャンプスペースからのぞむパノラマビュー

施設内に露天風呂があるのは便利ですね。ただ旅館・ホテルと違って上等なシャワーみたいなのはなかったので昔ながらの風呂桶でジャバーと洗い流す感じでした。うちの1歳児は割りと家でもジャバーと流してたりしてたので子どもさんによっては自宅で慣れさせて連れて行くといいですね。

お風呂は男女別れててておじさんに話しかけられてニコニコでした。

1歳児からキャンプしてるなんて「キャンプエリート」じゃないかしらこの子。

明るい内からサザエを焼き~の。ビールをグビグビ~ッと。これも施設内に温泉があるから出来ますね。車で温泉へとなるとビール飲めないですから。

最後はまったり焚き火でシメ。子どもに「火のありがたみと危険性」を教えてあげれるのもキャンプの醍醐味ですね。

帰りの途中で発見した湧水ポイント「猪牟田霊水」

帰りの途中でたまたま発見したのですが抜群に水の出もよくてすごく便利でした。次からはこっちで汲もうかな。

一応Googleマップでもご紹介。

結構油断してるとあっと言う間に通り過ぎてしまうので見逃さないように注意しないといけませんね。

今回の子連れキャンプですごく便利だったキャンプ用品のご紹介

【D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) ウルトラライト アジャスタブルチェア】

座面の高さを3段階に調整できて一番低い座面で上の子(4歳)がゆとりもって座れて快適そうでした。上の子が結構大きい方なので実質5歳からがいいかもしれませんね。なによりたたんだ時のコンパクト性が良いのでよかったです。ちなみに大人の私が保育園の場所取り合戦で早く並ぶ時にも使いました(笑)

競合的にはヘリノックスのチェアワンミニと迷って比較しました。

大人が座った時の座面の浅さが気になったのと女の子向けのカワイイ色がなかった(←子どもに甘い)のでドッペルギャンガーアウトドアにしました。

あとコストパフォーマンスもGOOD!

ナチュラムさんの別注カラーならまだ在庫もあるみたいですね(2017年11月18日現在)↓

それでは楽しい子連れキャンプを!

有料記事掲載についてのご案内


Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0Email this to someonePrint this page
follow us in feedly

泉水キャンプ村

http://www.town.kokonoe.oita.jp/docs/2017011900029/

大分県玖珠郡九重町大字田野

TEL
0973-79-3620
営業時間
入村時間 13:00から 退村時間 10:00まで
定休日
なし
駐車場
あり
備考
なし

我が子のことが好きすぎてたまらないアラフォー男。あまりに好きすぎて「コドモトネット」を立ち上げ、システム~デザインまでコツコツバージョンアップしております。

普段はWEB制作、システム開発、ネットマーケティング、SEO、商業写真など手掛ける制作会社の社長業をやってますが、なんせ少数のこじんまりとした企業なので社長は事実上の歩兵状態です。

重度のオタク、サブカル知識を持て余しており今の妻のおかげで多少ましになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)