【無料観覧・アニメ、ワークショップも】福岡ミュージアムウィーク2015

museumweeks2015

2015年5月16日~5月24日の9日間、「福岡ミュージアムウィーク2015」が福岡市内各施設にて開催されます。スタンプラリーや「本と出会えるミュージアム」も開催。ワークショップ、黒田長政の兜着用やクイズやプレゼント。チェコアニメの上映会、フォトグラファーホンマタカシさんのトークイベントなど盛りだくさんです。

(画像は公式サイトスクリーンショットより)

スタンプラリーに参加しよう!

期間中、13ヶ所のミュージアムのうち2か所のスタンプを集めてスタンプラリーに参加しましょう。最後に訪れたミュージアムでご応募ください。特別企画展ペア招待券など、抽選でステキな賞品が当たります。またスタンプラリーに参加された方には、もれなくお得な特典があります。

【日程】2015年5月16日~5月24日の9日間

本と出会えるミュージアム

2015年
4月23日は「子ども読書の日」これにちなんでこどもとアートや歴史を結ぶ、ミュージアムならではの本の紹介やイベントを行います。 


【会場】

  • 
福岡市美術館 読書室&キッズコーナー 森のたね
  • 福岡アジア美術館 図書閲覧室&キッズコーナー
  • 福岡市博物館 読書室&みたいけんラボ


 


 (1)福岡市博物館

常設・企画展示観覧料無料

【日程】期間中の9日間 ※休館日を除きます。
【内容】常設展示観覧料を無料にします。

バックヤードツアー

普段は見ることができない福岡市博物館の裏側をご案内します。

【日程】2015年5月16日
【時間】10:00~11:00
【会場】博物館1階 講座室1に集合
【定員】30名
【申込】当日先着順(9:30から受付)

ワークショップ

福岡市ワークショップサポーターの企画で、①博多織のしおり、②香包みをつくります。

【日程】2015年5月17日
【時間】10:00~15:00の間、随時
【会場】博物館1階 体験学習室「みたいけんラボ」
【定員】各50名
【申込】当日先着順
【参加費】各200円

伝統工芸「黒田節ロボット」参上

ロボスクエアの協力で、ロボットが黒田節の舞などを披露します。

【日程】2015年5月24日
【時間】(1)11:30~11:45(2)13:30~13:45
【会場】博物館1階 グランドホール
【定員】なし

大関ヶ原展プレイベント 
「黒田長政の兜」レプリカ着用体験

黒田長政所用の兜「黒漆塗桃形大水牛脇立兜(くろうるしぬりももなりだいすいぎゅうわきだてかぶと)」の精巧なレプリカを着用体験できます。

【日程】2015年5月21日
【時間】10:00~17:00の間、随時
【会場】博物館1階 体験学習室「みたいけんラボ」
【定員】なし


 (2)福岡市美術館

常設展示観覧料無料

【日程】期間中の9日間 ※休館日を除きます。

【内容】常設展示観覧料を無料にします。

ミニミニワークショップ

大きなタネ型の箱の中から3つの素材をとって、それを使って「森のなかま」を作ります。
キッズコーナーをデザインしたオーギカナエさんが期間中の1日、やって来ます。

【日程】2015年5月19日~5月22日
【時間】10:00~14:30
【会場】美術館2階 キッズコーナー 森のたね
【定員】10名程度(入れ替わり制)
【申込】不要。時間中いつでも受付 
【対象】未就学児童


(3)福岡アジア美術館

常設展示観覧料無料

【日程】期間中の9日間 ※休館日を除きます。

【内容】常設展示観覧料を無料にします。

アジアの絵本と紙芝居の読み聞かせ

ボランティアによるアジアの絵本と紙芝居の読み聞かせ。

【日程】2015年5月16日、17日、23日、24日
【時間】
(1)11:30~12:00(2)13:00~13:30
【会場】キッズコーナー(7階)
【対象】3~7歳程度の子ども
【定員】子どもと保護者各回10組程度
【申込】当日先着順


(4)福岡県立美術館

コレクション展観覧料無料

【日程】期間中 ※休館日を除きます。
【内容】コレクション展観覧料を無料にします。
開館30周年を迎える福岡県立美術館では、記念行事の一つとして、ジャンルごとにコレクションを紹介する連続企画を実施中。

今回は日本画と彫刻から精選、洋画とはまた一味異なる、郷土が誇る名品に出会えるチャンス。

コレクション展クイズ

【日程】期間中(休館日を除く)
【内容】コレクション展会場で提示するクイズに回答してください。全問正解の方にくじ引きによるプレゼントを進呈します。
【会場】4階展示室
【定員】なし
【申込み】不要


(5)福岡市埋蔵文化財センター

バックヤードツアー 勾玉つくり

【会場】福岡市埋蔵文化財センター
【定員】20名
【申込】はがき・FAXにて事前受付


(6)博多町家ふるさと館

入館料割引

【日程】期間中
【内容】本リーフレット持参の方の入館料を割引します。
【入館料】一般 200円→150円
※中学生以下は無料


(7)はかた伝統工芸館

はかたくじで工芸グッズプレゼント

【日程】期間中
【内容】来館者にはかた伝統工芸館の様々なグッズが当たるくじを実施
【定員】なし


(8)王貞治ベースボールミュージアム

入館料優待割引

【日程】期間中
【内容】 「福岡ミュージアムウィーク」チラシ持参の方の入館料を割引します。
おとな(高校生以上)
1000円→500円
こども(中学生以下)
400円→200円
※保護者同伴の小学3年生以下無料


(9)九州大学総合研究博物館

来館者プレゼント

【日程】期間中
【内容】来館された方にオリジナルポストカードなどを進呈します。
【定員】なし


(10)九州産業大学美術館

入館料無料

【日程】期間中
【内容】九州産業大学の芸術学部を中心に収集されてきた美術、写真、デザインなどのコレクションを学外にも幅広く公開する美術館です。

来館者プレゼント

【日程】期間中
【内容】来館された方に九州産業大学美術館オリジナルクリアファイルを進呈します。
【定員】なし


(11)西南学院大学博物館

来館者プレゼント

【日程】期間中
【内容】来館された方に西南学院大学博物館特別展図録かバッジを進呈します。
【定員】なし


(12)三菱地所アルティアム

入場料優待割引

【日程】期間中の展覧会開催日
【内容】本リーフレット持参の方の入館料を割引します。(1枚につき2名様まで)
一般400円→300円学生300円→200円
※高校生以下無料

1989年から三菱地所の文化支援事業の一環として、現代のさまざまな芸術表現を、既成の評価、ジャンルにとらわれることなく紹介、発信。隣接のアートショップは、充実した書籍やグッズの品揃えで人気です。

ホンマタカシ サテライトトーク+上映会

honmatakashijpg
(画像は太宰府天満宮公式サイトスクリーンショットより)

【日程】2015年5 月18 日
【時間】18:00~20:00(開場は17:30)
【内容】プロジェクト上映のほか、開催中の太宰府天満宮「Seeing Itself」(会期:2015年4月26日~8月30日)などについて語る
【会場】三菱地所アルティアム
【定員】90名(申込先着順) 
【申込み】art@dazaifutenmangu.or.jpまで、氏名、住所、電話番号を明記の上、メールで申込みください
【参加費】1,000円(太宰府天満宮宝物殿チケット代金を含む。宝物殿チケット半券をご提示の場合は、600円)

特別上映会

厳選したチェコアニメーションを特別上映

チェコアニメの定番どころアマールカあたりが上映されるのでしょうか楽しみですね。

【日程】2015年5月23日
【時間】14:00~
【会場】三菱地所アルティアム
【申込】不要
【参加費】無料(展覧会チケットは別途必要) 


(13)能古博物館

入場料優待割引

【日程】期間中
【内容】本リーフレット持参で割引します。
通常一般400円→200円
(高校生以下無料)

博多湾の歴史とドラマを感じる博物館。元寇、亀井南冥と金印、筑前五ヶ浦廻船の盛衰、海外引揚者139万人の帰国、漫画サザエさんの誕生、牛島龍介青年の太平洋単独往復航海などに関する資料を展示しています。

来館者プレゼント

【日程】期間中
【内容】参加者にオリジナル博多湾絵はがき2枚進呈
【定員】なし

福岡ミュージアムウィーク2015公式サイトより引用

 

 

有料記事掲載についてのご案内


Share on Facebook6Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0Email this to someonePrint this page
follow us in feedly

福岡ミュージアムウィーク2015

http://f-museum.city.fukuoka.lg.jp/museumweek/event

イベント期間
2015-05-16~2015-05-24
場所
福岡市内各所
福岡県福岡市中央区

駐車場
各施設による
お申し込み方法
各施設にお問い合わせください。
備考
なし

我が子のことが好きすぎてたまらないアラフォー男。あまりに好きすぎて「コドモトネット」を立ち上げ、システム~デザインまでコツコツバージョンアップしております。

普段はWEB制作、システム開発、ネットマーケティング、SEO、商業写真など手掛ける制作会社の社長業をやってますが、なんせ少数のこじんまりとした企業なので社長は事実上の歩兵状態です。

重度のオタク、サブカル知識を持て余しており今の妻のおかげで多少ましになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)